英会話を学ぶことは メリット だらけ!

f:id:rslka0218:20210219142318p:plain

こんにちは。

keiです。

 

人生において英会話は必須かもしれません。

なんと世界で英語を話せる人は約 15 億人ほど

いるそうです。

※準公用語だと 21 億人ほどだと言われています。

 

グローバルな時代

英語を話せるだけで

転職に有利に働くことや

社内での昇進の可能性が高まりそうですね。

f:id:rslka0218:20210219140518p:plain

 

〈 転職や昇進に有利 〉

高い英語力を持つ人材は

就職活動の時

その能力がアピールポイントになります。

現在のような

グローバルな仕事をする会社が多くなる中では、

特に英語能力が何事にも

大きなアドバンテージになるでしょう。

また、前提として英語力が応募条件になっていることや、

入社までにある程度の英語力をつけることが

必須の企業もあります。

 

オリンピックの開催に伴って

多くツアーコンダクターが必要とされると予想されますが

応募条件には

TOEICのある一定の点数を取ること課されているようですし、

著名なグローバル企業であればあるほど更なる得点の取得が

必要とされてると聞きます。

それらの仕事に就職したい場合

英語の勉強は必須であると言えるでしょう。

 

また、社内でも海外案件に挑戦できる可能性が高まるといえます。

大手総合商社では人事制度上の海外赴任要件を

TOEIC L&Rのスコアや

TOEIC S&Wのスピーキングスコア、ライティングスコアが

ある一定というガイドラインがあるようです。

社内で海外案件を任せられることは、

自己キャリアの向上にもつながり

英語の学習は自己成長にもなります。

 

奨学金がもらいやすくなる 〉

私の調べだと

奨学金をもらいやすくなるようです。

海外の大学に進学する際や留学する場合、

大きな金額が必要になる場合が大半です。

英語力があると認められると

返済不要で融資を受けられるようです。

例えば「IELTS奨学金」や

日本学生支援機構(JASSO) 海外留学支援制度(学部学位取得型)」などが

代表です。

ある一定の英語能力をもつ学生に、

返済不要の奨学金を給付する制度があります。

実例として

ある大学では

英検準2級以上取得者と特待生の合格者は、

入学金(300,000円)が免除とする学校もあります。